ニュートラルな日々。

40代の主婦ライターによる子育て・ゆる〜い中学受験(2018年入試)などのブログ。ときどきギアが入ります。

子どもは個別指導の方が伸びる

どうも(´・Д・)」

また久しぶりの更新になってしまいました。
9月中旬ごろからずうっと天気が悪くて太陽が恋しいです(´・ω・`) 

先週は運動会でした。長男は組体操のピラミッドの下になったこともあって、毎日の運動会の練習が本当に苦痛だったようです(´Д` )

運動会は無事に怪我もなく終わり、もうすぐ後期なので、少し落ち着いて勉強に取り組んでもらいたいものです。

 

さて、夏休み明けにあった模試の結果が返ってきました。国理社 は前回からキープまたは偏差値が上がり、まあいいかなという感じなのですが、、、

算数の点数がひどかったのです!!!

(´Д` )

長男は割と自分からすすんで宿題などをやるタイプで、口を出すとうるさがるために本人に任せていました。ところが今回の模試で偏差値50を切ったので、これはさすがにマズイ!と思い、塾の算数テキストをチェックすると、まったく進んでおらず、、、

(塾ではノルマとかはうるさく言わないので)

◎解き方をしっかり理解してない
◎先生に聞いてその場はわかった気になって定着していない

そんな風に見受けられました。

 

ふー(−_−;)

 

このままじゃ受験できないし理解できた振りはヤメロ!とさすがにお説教です。
自分から中学受験すると言ったくせに、本当にやる気あんのか?って感じです。

 

じつは最近、ビリギャルで有名な坪田先生のこの本を読んで
長男は何タイプかな?と思っていたところ。

人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書

人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書

 

 

今回の出来事から(ちゃんと診断はしてないのですが)、
長男はおそらく「達成者タイプ」だと 思われます。

◎見栄っ張りで自分をよく見せたいけど努力が嫌い。
◎他人からの低評価に耐えられない。
◎悪い方にこの性質が出ると、口だけ威勢のいいことを言って行動に移さない。

というような特性があるみたいです。

勉強は順調かと思いきや、偏差値下がってる!みたいなことが起こる、、、まさに。
なので親は任せっきりにしないで進捗をチェックする必要があるみたいですね。もう重々わかりましたので、しっかりチェックしたいと思います。

 

本人が「塾を変えるのは嫌だ」と言うので、毎週土曜日の夜に私が算数を教えることにしました。塾の先生は、あまり親が手を掛けない方が合格するとおっしゃってはいましたが、

放っておいても勉強ができるようになる子がスゴイ

だけであって、やっぱり大多数の子どもは手を掛けた方がいいんじゃないかと感じます。長男も、私がホワイトボードを使って模試の問題の解き方を教えてやり直しをしたら、解けるようになりました。

そして、坪田先生が言うところの達成タイプのプライドをくすぐるように
中学受験は中学で習う数学の先取りだから、あなたは小学校で習うよりも難しい勉強をしているし、やればできるじゃん!というようなことを言ったら
まんざらでもなさそうでした。

はあ、面倒くさいわ。

 

しかし坪田先生の本もそうですし、今回の長男も、
そして授業ではやる気がないと怒られてばかりですが、チャレンジ教室(先生と1対1で学ぶ)では集中して課題に取り組める次男、息子の同級生が水泳の個別指導で見違えるように泳げるようになった話、やはり同級生が放課後に先生と1対1で補習を受けると理解できるという話

などなどを見たり聞いたりするにつれ、


子どもは個々に合わせた指導をすれば伸びる

 

と、つくづく感じます。
小学校やスイミングスクールやその他の集団指導では、放っておいてもできるスゴイ子以外は適さないのかなと思ったりします。

「放っておいても自分でできる」レベルになるまで小学校の間くらいまでは、個別指導が良いのかなと。

 

オリンピックのメダリストも、小さい頃から
親やコーチと二人三脚、というケースをよく聞きますしね。大人だってダイエットの時は結果にコミットしてもらってパーソナルトレーナーに指導してもらうのですし。

 

個別指導は、公立小学校ではなかなか難しいと思いますので親が見るか、外注(家庭教師とかコーチとか塾とか)して各家庭でフォローするしかないですね。

 

そういう意味では、坪田先生のように子どものタイプを見抜いて指導法(声かけの仕方)を
変えるというのは理想的なのかもしれません。

 

来月また模試がありますので、
次に期待したいです(´・Д・)」

 

ーーーーーーーーーー

 

【毎週土曜日・母の算数教室】

中学受験の算数は難しいので、こちらを参考に教えています。たぶん論理的思考力のない20年前の私では解けなかったと思います(今は理解できるよ!)。長男は「模試に出た問題の類題を参考書で探し解き方を覚える」という方法を、今回の母の算数教室で学んだようです。

中学入試 算数 塾技100

中学入試 算数 塾技100