ニュートラルな日々。

40代の主婦ライターによる子育て・ゆる〜い中学受験(2018年入試)などのブログ。ときどきギアが入ります。

同志社中学校を見学してきました

どうも(´・Д・)」

土曜日は同志社中学校の見学会に参加してきましたよ!

 

地下鉄の京都国際会館駅で降り、地上に出ると…

 いきなりタータントラック&人工芝の素晴らしいグランドが!

比叡山が近い!空が広い!

f:id:yukiomizuki:20160703091218j:image

あ、元陸上部なもので、グランドでいきなりテンション上がってしまいました!
さすがお金持ち学校、、、(庶民ですみません)

f:id:yukiomizuki:20160703091205j:plain

校舎もきれいですね。やっぱり同志社はレンガ校舎のイメージですね〜。

今回は「ユーデック」という会社が主催の見学会で、まずはチャペルで学校説明を受け、その後学校内を見学しました。

f:id:yukiomizuki:20160703152819j:plain

資料もたくさんいただきました。。立派なカタログや生徒さんの自由研究集などなど。資料を入れるナイロンバッグまで。。。

資料を入れるためにエコバッグ持って行ったんですけど、必要なかったですね!さすが細かいところまで行き届いていらっしゃる!

鉛筆と消しゴムまでいただきました(´・Д・)」

(いちいち発言が庶民的ですみません。写真にも庶民感があふれていますね)

 

で、かんじんの教育内容ですが、、、

「リベラルアーツ」という教養教育に力を入れておられ、中学の3年間は様々な体験を通して高校・大学で学びたい興味を持てる分野を探す時間と位置づけているそうです。

様々な課外授業、体験型学習のカリキュラムが設けられています。

大学のように、各教科専用の教室へ生徒が移動するスタイル。各教科の教室前には「メディアスペース」という、生徒の研究成果や教科の関係書籍などが展示してある空間があります。様々な展示物で好奇心を刺激するとのこと。。。生物室は剥製や標本がたくさんあって博物館みたいでした。

普通の公立中学→公立高校で育った私からすると、違いすぎてもうびっくりするばかり ε-(´∀`; )

制服もないし、校内は土足だし、大学のような感じです。アメリカのハイスクールみたいなイメージ(見たことないけど)でした。

 

また、自由研究に力を入れているそうで、興味を持ったことを調べてまとめて発表する、という自主性や思考力を重んじています。好奇心旺盛でアクティブなタイプだったら楽しいんでしょうが、うちの長男がこんなリベラルでクリエイティブな学校に入ってやっていけるのかな?と思ってしまいました(^^;;

(いやそのまえに合格できる学力が身につくかなんですけど)

 

同志社というブランド、独特な教育方法、(高い学費;;;)などによって結構特殊な学校だと感じました。実質倍率は2倍ないらしいので行きたい人(行ける人)は行く、というような。。。岐阜や愛知から通っている生徒さんもいるそうです(°_°)

 

かんじんの長男は「同志社が第一志望」という認識で、見学して「楽しそうだから受ける」と言っていました。うん、まあ、お金貯めておかないと。。。

 

とか言うのは簡単ですが、、、同志社中学受験の算数チャレンジ問題をもらったのですが「全然わかんない」と。今日も模試を受けて算数の文章問題に歯が立たなかったらしく、大丈夫?って感じです。

試しに私も解いてみましたが、方程式を使わないと無理だったり解き方が分からなかったり、、、難しい(´・ω・`) 

 

 これ思い出しました(うち全巻揃ってます)

 論理的思考力が身についてないと中学受験のような算数問題は解けないですね。

ドラゴン桜で言われているのは小学校のお受験のことですが)

 

夏休み、がんばってもらいましょう。