ニュートラルな日々。

40代の主婦ライターによる子育て・ゆる〜い中学受験(2018年入試)などのブログ。ときどきギアが入ります。

子どもとゲーム

どうも(´・Д・)」

ついに次男がインフルBにかかりました…
今年のBは熱が長引くみたいで、、、月曜も休みかな。。。
うつらないよう、家でもマスクしてます(´・Д・)」
 
さて、気になったので書くのですが、
最近、バイオリニストの高嶋ちさ子さんが
息子さんたちの3DSを怒りにまかせて破壊したことを
ツイートして炎上し、週刊誌で釈明する騒動に発展したようですね。
 
 
最初に「ゲーム機を破壊した」ツイートを見た時は、
 
おおー怖ェ…
 
とか(高嶋さんのキレキャライメージもあり)
思ってしまいましたが…
 
よく考えたら、私も似たようなことしてました(´・ω・`) 
 
長男が2年生のとき、夏休みの宿題
〆切までに終わらなかったら3DSを捨てる!
と約束したのに反抗して終わらせなかったので
 
〆切を守らないお前が悪い!
 
と、怒鳴って実行。
でも本当は捨てずに物置に隠し、
1年後、夏休みの宿題をしっかり〆切までに終わらせた長男に、
ちゃんと〆切を守れよ、と返しましたが。
 
高嶋さんの行動に、親とはいえ
子どもの持ち物を怒りにまかせて壊すのはやり過ぎだ、
という意見が多いみたいですが、
 
小学生のゲームに関しては、
それぐらいやらないとダメだと思います!
 
親の本気を見せないと、今時の普通の小学生男子は
本当にゲームしかやりません…
うちは結構やらせてる方なので特に。
予定のない日曜とか、涅槃像になってゲームしてますよ。
 
しかも、
何でやっちゃいけないんだ、鬼親め!
ぐらいの勢いで反抗してきますからね。
約束やぶってゲームして痛い目にあって、
ようやくゲームとの付き合い方が身につくんです!
 
高嶋さんのお子さんはまだ小学生じゃないですか。
そりゃ大学生とか社会人で本人が働いたお金で買ったものなら
マズイかなとは思いますけど。
親心出して直して返したみたいだし、うちの息子もそうだったけど、
子ども本人はペナルティとして受け入れてるんだから問題ないですよ。
 
親は子どもと約束をしたら、
断固たる決意でそれを実行しないと子どもにナメられるんですよ。
ペナルティだけじゃなく、「どこかに連れていく」とかの
ご褒美の約束もちゃんと守らないといけませんが。
 
ゲーム機壊すなんて、
別にそこまで糾弾されることではないような気がします。
高島さんは勢いあまってツイートしたりコラム書いたりして
叩くネタを探しているネットの人々の目にふれてしまったから
炎上したんでしょうね。
有名人は大変ですね( ;´Д`)
 
私も、何度もwiiをぶっ壊そうと思いましたが、
庶民なもので値段を考えてそれはできませんでした。。。
(取り上げるのはよくします)
 
ゲームなんて無くても生きていける物なんだし、
親の金でやらせてもらってるんだから、ゲーム機をどうするかは親が判断する、
というスタンスじゃないと逆にダメだと思います。
 
ゲーム依存性の大人になったら困るし、
「やるべき事ができる人」でないとゲームはできない、
と常々言い聞かせています。
 
確かに、あんまり禁止しすぎも良くないかなとか、
「子どもの全てを受け入れましょう」的な育児書もあるので、
ゲームをどこまでやらせていいか、の判断基準は、
長男がゲームを始めた小1の頃はすごく悩みました。
 
その線引きは、この本を読んでスッキリしましたのでオススメします。 
結構がんばって実践してますよ。私は。
叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本

叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本

 

 

「全てを受け入れましょう」というスタンスが大切なのは幼児期ですね。
小学生になったら、徐々に社会のルール的なものを教えないといけないので、
年齢に合わせた接し方が大事なのかなと思います。
 
まあ小学生男子のやることに
イチイチ怒ってたら身がもたないので、
法に触れるとか命の危険がない場合は大目に見ています(´・Д・)」