読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュートラルな日々。

40代の主婦ライターによる子育て・ゆる〜い中学受験(2018年入試)などのブログ。ときどきギアが入ります。

【オープンキャンパス体験】洛北高校付属中学校

どうも(´・Д・)」

ものすご〜くご無沙汰してしまいました。息子たちが夏休みで何かとバタバタしていて、まったく更新できませんでした(´Д` )

ようやく学校が始まりヤレヤレです。中学受験プロジェクトも少しずつ進もうと思います。

さて、8月22日(土)は、洛北高校付属中学校オープンキャンパスが開催されましたので、夫婦で行ってまいりました。あれ?当の本人である長男は?

…って、同じ日に「地蔵盆」が行われていまして、そっちに参加するため子供不在で行ってきたわけです。でも「地蔵盆」は口実で、たぶん面倒臭かったんだと思います(´Д` )

※ちなみに地蔵盆とは京都の風習?で、町内で子供を守ってくださるお地蔵さんを祀り、お菓子を配ったりゲームをしたりする、子供のためのお祭りらしいです。関東人の私は京都に来るまで全然知りませんでした。

 

こちらが洛北高校・付属中学校。北大路通 × 下鴨本通を少し上がったところにあります。

f:id:yukiomizuki:20150825140229j:plain

けっこう立派な建物です。

洛北高校付属中学校の魅力は、何をさておき「公立で学費が安い」ということでしょう。さらに内部進学する高校は「SSHスーパーサイエンスハイスクール)」に指定されており、中学でも企業や大学の研究機関を訪れたり、実験・研究の結果をまとめて発表するなど独自のカリキュラムが組まれています。

THE理系!って感じですね。特に、数学・生物・化学実験の学習内容をまとめたポスターが素晴らしかったです!大学の研究や卒論だけでなく、社会に出てからもこの「アウトプット力(りょく)」は非常に役立つと思います。日本の教育は知識のインプットが主になっていて、もちろんインプットも大事ですが、アウトプットは練習しないと上手にできないと自分の経験から感じます。社会人になって求められるのはこの「アウトプット力」なので、中高生のうちにしっかり練習できるのはいいですね!

中学3年生ではオーストラリアへ研修旅行にも行けます。すてき〜。英語にも力を入れているようです。科学者は英語マストですもんね。

このカリキュラムを公立中学と同じ費用(タダ)で受けられるのですから、倍率が高いのも頷けます。

旦那の「大学付属で楽するより、大学受験で試練(?)を経験する方がいい」という考え方もあり、洛北中学校が志望校有力候補として浮上しました(´・Д・)」

う〜ん、ただ洛北の入学試験は「適性検査」といって記述式が多く特殊だし面接もあるし、最近国語のテストが微妙になってきた長男には難しいかな〜?算数はパズルっぽい問題が多いので、興味があるかもしれませんが。

今週は、ようやく重い腰をあげ、塾の先生に受験の相談をしに行く予定です(´・Д・)」

 

帰りはこちらのつけ麺屋さんでランチ。カツオ出汁系?ちょっと甘い醤油味で好みでした!たぶん麺好き長男も好きなはず。洛北生になったら行けるね。

tabelog.com

f:id:yukiomizuki:20150825150234j:plain