ニュートラルな日々。

40代の主婦ライターによる子育て・ゆる〜い中学受験(2018年入試)などのブログ。ときどきギアが入ります。

【オープンキャンパス体験】洛南高等学校付属中学校

 どうもです(´・Д・)」

まだまだ、はてなブログの使い方は手探り状態で書いています。みずきです。今回は6月21日(日)に開催された洛南高等学校附属中学校オープンキャンパス体験レポートです。

洛南と言えば、京大合格者数関西トップクラスの名門校。関東育ちの私でも名前は知っていますが、実はどっちかというとスポーツの強豪校というイメージ(高校駅伝が強いし100m10秒01の桐生選手も洛南高校でしたし)で、超進学校だということは京都に来て知りました(^^;; スポーツ推薦は高校からで、勉強が出来る子とは別のクラスらしいですね。

洛南は弘法大師空海)が庶民のためにはじめた綜藝種智院」という学校を起源としており「仏教の教えを日々に生かす」という教育方針の学校。2006年に共学となりましたが、昨年の合格者(中学)の男女比は 258名:63名 なのでやはり男子の人気が高いようです。2014年には附属小学校もできています。

まあ凡人親からすれば偏差値70オーバーの学校なんて未知の世界で…息子の学力が届くのかどうかも不明ですが「鉄は熱いうちに打て」中学受験に興味を持った今、学校を見ておくことで受験のモチベーションに繋がれば…と、開催日程の一番近かった洛南へ行ったわけです。

洛南は東寺のすぐ隣というか敷地内に融合しています。開祖空海が亡くなったのは3月21日のため、東寺では毎月21日は「弘法市」の日。見学当日もにぎわっていました。 

f:id:yukiomizuki:20150622231135j:image

共学になる前に完成したという新校舎の中を見学します。第一印象は、とにかく立派!きれい!息子の第一声は

「わ〜ホテルみたい〜( ^ω^ )」

でした。公立中学・高校出身者から見ると、私立はさすが設備がすごいわー、、、って感じです。

玄関で学校案内のパンフレットなどをもらい、中へ。自由に見て回るスタイルなので、家族連れもたくさんいました。6年生というよりは、4〜5年生くらいの子が多かった印象です。4〜5年生で志望校を決めて受験勉強に励んでるのかもしれません…ていうかそれが普通?受験素人ですいません。。。これから私も受験モードにならなきゃですね(´・Д・)」

中に入ると所々に中学生や高校生の生徒会役員?の子が立って、説明したり挨拶をしてくれました。オープンキャンパスだからキッチリしているのかもしれませんが、みんな勉強できそうで(いやリアルにできるんだろうけど)メガネ率高かった。教室はガラス張りで廊下から中が見えました。見られてる意識でピシッとさせるためなのかな?

廊下も広く、図書室は開放的で自習室もきれいでした。やはり東寺の隣にあるということで、緑が多くて景色がよかったです。落ち着いて勉強できるんだろうな〜。立派な学食もありましたが、中学のお昼は原則お弁当。放課後は食べられるみたいですね。

小学生向けの体験授業(算数・国語・地理・英語)はすごい人でしたし、息子がびびって「やらない」と言ったので内容はわかりませんが、レベルが高そうってことと熱心な親が多いことはわかりました。

運動部だけでなく囲碁部や将棋部、茶道部などの活動が見学ができて、将棋は対局もしれくれるってことだったのですが、ここでも息子はヘタレぶりを発揮してスルー(いつもは親に対局を挑むくせに。私は弱すぎるんですけど)うーん、受験に耐えられるよう精神面も鍛えないといけないのかもしれません。。。

とまあ、まだ4年生で受験は少し先ということもあり、学校探検みたいで親子ともども楽しめました(笑)でもちゃんと帰ってからパンフレットをしっかり読みましたよ!

中高一貫教育の6年間で、塾へ通わず志望大学に合格できる体制を整えています」という一文もあり、中学から私学へ行くと費用がかかることは確かですが、公立の中高でも今時は塾代がかかるわけで、長い目で費用対効果を考えると金額面はあまり問題ではないなと思いました。

もうひとつ、根本的なことに気づいたのですが、、、

2013年から洛南高等学校は、適性に応じた国公立・私立大学への進学を目指す<海パラダイム>と、最難関国公立大を目指す<空パラダイム>という2つのコースが創設され、附属中学校の卒業生は原則として<空パラダイム>へ進学するとか。高校入学生から2クラスが<空>に加わるようです。 

ということは、

中学から洛南に入る=東大・京大を目指す

ってことなんですね!当たり前か!もう本当に受験ママとしての意識の低さに自分でびっくりです。志望校を決めるときに、「校風が合うかどうかをよく吟味して」という意見もありますが、いわゆる名門校は「東大・京大を目指す教育」ただそれだけで選んでもいいような気がしました。そうですよね、きっと。合格する学力があれば。。。

ちなみに旦那の会社に洛南高校出身の若者がいまして、彼が言うには「学校の勉強についていけば関関同立は普通に入れますよ」てことらしいです。その人は「現役で同志社に合格し京大は不合格。一浪して京大を目指したが受からず同志社へ進学した」そうです。洛南の進学実績で同志社立命館の浪人合格数が多いのは、東大・京大を目指して浪人する人が多いから?逆に東大・京大の合格者は現役生の割合が多いですね。

(ん?じゃあ難関国公立落ちても浪人せず私大に入った方がいいんじゃないの?)

まあそれは置いといて、まだ一校見学しただけですが、いろいろ考えるところがありました。夏休みから秋にかけて他校でもオープンキャンパスが行われますので、研究して4年生の間にまずは志望校を決めたいと思います(´・Д・)」